ホーム > 受験生 > 在学生の声 > 企業と法コース3年 牛村 茉由さん

在学生の声

受験生にひとこと 牛村 茉由さん
法学部、または成城大学法学部について、高校生の頃にイメージしていたことは?
 六法など条文を読んで法律に理解を深めていくような、真面目なイメージをもっていた。加えて、新たな知識を沢山たくわえられ、自分が成長できる場になると思っていた。
成城大学法学部に進もうとしたきっかけは?
 大学祭とオープンキャンパスに行き、キラキラとした学生さんが多く、"私もこんな大学生になりたい"と思ったのが大きなキッカケです。法学部に入ったキッカケは、オープンキャンパスの模擬授業です。法律について何も知らない私でも、楽しく受けられる授業を行ってくれたので、"こんな楽しい授業を毎日受けたい"と思いました。
この法学部に慣れたと思えたのはどんな時(出来事)でしたか?
 授業が少人数制のため、先生との距離が近い。分からないことがあればすぐに質問できる環境が整っている。先生と親しくなれるため、キャンパスなどで顔を合わせると立ち話します。人脈も広がりとても楽しいです。また、学校の施設が非常に充実しています。学校に勤めている人は何でも親身になってくれるので困ったことがあれば、何でも相談できます。図書館や8号館ラウンジ、法学資料室は有効に使ってみて下さい!
高校生の頃と違う、大学の学生生活らしいことは?
 ①自分で好きな授業を受けられること。②サークルに入ってたくさんの人と出会えること(多くのサークルを体験することをオススメします)③自分で目的をもって学生ライフを暮らせること。④学食の種類も多いし、近場にランチで美味しくて安い店がたくさんあります。
大学生になって、自分が変わったと思えることや考え方などは何かありますか?
 "目的をもった行動をとるようになった"加えて物事の優先順位を考え、多角的に判断できるようになった。
いま頑張っていること、もっとも興味を持っていることについて教えてください。
 アルバイト→ブラックエブロン取得に力を入れています。(ブラックエプロンをとることでコーヒーのスペシャリストになれます)
授業について、面白いこと、大変なこと、科目、先生など、受験生に伝えたいことは?
 1・2年次の必修授業は大変ですが、やればやるだけ身になります。知識を増やすと楽しくなります。
将来について、何か思うところがあれば、聞かせてください。
 人とのつながりを大切にし、人々の生活を豊かにできる仕事をしたいと思っています。商社やメーカーなどの職につきたいと思っています。法律を学んだから、法律関係の仕事に勤めなければならないことはありません。大学生活を通して多角的思考力を養ったのでこの事を活かしたいです。
高校生が大学について知りたいと思うことは?
 テストは授業に出席していれば、解けます。とにかく法律を学ぶのは楽しいです!!学ぶことを楽しんで下さい!!
法学資料室facebook 成城大学入試情報サイト 成城ブリッジ 成城学園100周年サイト
アクセス English
サイトマップ 大学院