ホーム > 法学部について > 専任教員紹介

専任教員紹介

専任講師

佐藤 量介( Ryosuke SATO )

メール:

担当科目:

国際法、国際組織法

専門紹介 自己紹介 研究内容 学歴 職歴 主な業績 学会活動 その他

専門紹介

国際法、国際組織法 

自己紹介

 

研究内容

国際社会における軍事力の統制の問題に関心がある。これまでのところ、国連の集団安全保障制度に係る法的問題を主たる検討対象としてきた。多国籍軍の設置・実施に係る法的問題や、いわゆる「軍事の民営化」に関する法的問題、国連の非軍事制裁に係る法的問題等にも関心を持っている。 

学歴

2002年12月

ブラッドフォード大学大学院平和研究科修士課程修了(MA in Conflict Resolution)

2008年3月

一橋大学大学院法学研究科修士課程修了(修士(法学))

2013年3月

一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了(博士(法学))

職歴

2013年4月~2014年3月

一橋大学大学院法学研究科 ジュニアフェロー(特任講師)

2017年4月~2018年3月

日本大学国際関係学部 助教

2018年4月

成城大学法学部 専任講師(現職)

主な業績

<単行本、著書、共著等>

  • 『安全保障の位相角』(共著)(川名晋史・佐藤史郎編、法律文化社)佐藤担当「第5章 日本の安全保障政策における国連の集団安全保障制度の位置づけ―国連軍・多国籍軍への参加問題を手がかりに」(2018年12月)
  • 『国連の金融制裁―法と実務』(共著)(吉村祥子編著、東信堂)佐藤担当「第3章 国連金融制裁における安保理補助機関の機能―国際組織法の視点から」(2018年8月)

<論文、判例評釈、紀要、雑誌記事等>

  • 「多国籍軍に対する国連安全保障理事会による統制可能性の検討―その内在的な分権性に着目して―」『変動する社会と法・政治・文化』(成城大学法学会編、信山社)145-204ページ(2019年3月)
  • 「『組織法としての解釈理論』に関する一考察」『一橋法学』第17巻第3号691-707ページ(2018年11月)
  • 「国連安全保障理事会による「許可」をめぐる理論状況(2・完)―権限委任アプローチと違法性阻却アプローチの批判的検討―」『一橋法学』15巻1号335-373ページ(2016年3月)
  • 「国連安全保障理事会による「許可」をめぐる理論状況(1)―権限委任アプローチと違法性阻却アプローチの批判的検討―」『一橋大学』14巻3号217-235ページ(2015年11月)
  • 「国連憲章第7章の措置によるグローバル・ジャスティス実現の道程 ―いわゆる「許可(authorization)」の実行を中心に―」『世界法年報』34号82-110ページ(2015年3月)
  • 「国連安全保障理事会による「許可」の法的位置づけの分析枠組に関する一考察 ―垂直性と水平性の交錯を手掛りに―」『一橋法学』13巻1号145-205ページ(2014年3月)
  • 「個別国家間における多国籍軍設置・実施合意の法的問題 :「委任関係的合意」モデルによる検討」『一橋法学』第7巻3号943-1012ページ(2008年11月)
 
学会活動

国際法学会、世界法学会、日本国際連合学会 

その他

 

アクセス English
サイトマップ 大学院