ホーム > 法学部について > 専任教員紹介

専任教員紹介

教授

池田 雅則( Masanori IKEDA )

メール:

担当科目:

民法

専門紹介 自己紹介 研究内容 学歴 職歴 主な業績 学会活動 その他

専門紹介

民法、とりわけ担保法 

自己紹介

 

研究内容

流動資産を対象とする担保権の効力について、継続的に、研究している。近年では,流動資産担保と法定担保物権の競合をはじめとする異種担保間の競合を、債務者の経営状態が危機時の場合を含めて、どのように解決すべきであるのかに興味を持っている。 

学歴

1987年3月

三重大学 人文学部 社会科学 科 卒業

1989年3月

金沢大学 大学院法学研究科 修士課程 法律学専攻 修了

1994年3月

北海道大学 大学院法学研究科 博士後期課程 民事法専攻 退学

1997年3月

博士(法学)(北海道大学)

職歴

1994年4月

北海道大学 法学部 助手

1996年4月

福島大学 行政社会学部 助教授

2001年4月

筑波大学 社会科学系 助教授(大学院ビジネス科学研究科企業法学専攻担当)

2001年4月~2001年9月

福島大学 行政社会学部 助教授(併任)

2004年4月

筑波大学 大学院ビジネス科学研究科 助教授

2005年3月

筑波大学 大学院ビジネス科学研究科 教授

2011年10月

筑波大学 ビジネス・サイエンス系教授(大学院ビジネス科学研究科企業法学専攻担当)

2014年4月

名古屋大学 大学院法学研究科 教授

2019年4月

成城大学法学部教授

主な業績

<単行本、著書、共著等>

  • 『ブリッジブック先端民法入門(第3版)』(共著)信山社(2010年)
  • 『ドイツにおける知的財産担保制度に関する基礎的考察―流・通管理スキームとしての担保法理の一局面』(単著)財団法人知的財産研究所(2007年)

<論文、判例評釈、紀要、雑誌記事等>

  • 「建物建築請負代金債権の担保手段をめぐる覚書」『社会の変容と民法の課題(上)―瀬川信久先生・吉田克己先生古稀記念論文集―』313-340ページ(2018年)
  • 「ドイツ法における『通常の経営の範囲』に関する覚書」『名古屋大学法政論集』270号63-76ページ(2017年)
  • 「集合債権譲渡担保契約に基づいて第三者に譲渡された債権が,その後に譲渡禁止特約付で発生した場合の当該債権の譲渡性」『判例時報』2302号167-173ページ(2016年)
  • 「ドイツ法における動産譲渡担保の効力」『動産債権担保―比較法のマトリクス』277-295ページ(2015年)
  • 「ドイツ担保法制の概要」『動産債権担保―比較法のマトリクス』267-275ページ(2015年)
  • 「集合財産の担保化」『財の多様化と民法学』429-457ページ(2014年)
  • 「集合動産譲渡担保に基づく物上代位の効力に関する覚書」『財産法の新動向―平井一雄先生喜寿記念』162-189ページ(2012年)
  • 「物概念の展開へのドイツ法学の影響とその限界―担保目的物を中心に」『ドイツ法の継受と現代日本法―ゲルハルド・リース教授退官記念論文集』253-277ページ(2009年)
  • 「集合財産担保に関する基礎的考察―日独諸制度の横断的比較―(1)~(8・完)」『北大学法学論集』45巻4号、5号、46巻1号、4号、5号、6号、47巻1号、2号
 
学会活動

日本私法学会、金融法学会 

その他

 

アクセス English
サイトマップ 大学院