ホーム > 専任教員紹介

専任教員紹介

教授

西土 彰一郎( Shoichiro Nishido )

メール:

担当科目:

憲法Ⅰ、情報法

専門紹介 自己紹介 研究内容 学歴 職歴 主な業績 学会活動 その他

専門紹介

専門は憲法です。日本国憲法については人それぞれの政治的見方があると思います。そうした感性を大事にするためにも、憲法の原理原則、そしてひとつひとつの概念の背後に控えている歴史をきちっと押さえておく必要があり、大学で学ぶ憲法学の意味はこの点にあるのではないかと考えています。 

自己紹介

無骨者ですが、どうかよろしくお願いします。 

研究内容

デジタル化などメディア環境が変容しつつあるなか、なぜ公共放送(日本でいうNHK)が正当化されるのかを、主に「放送の自由」論の観点から研究しています。 

学歴

1992年3月

福岡県立明善高等学校卒業

1996年3月

神戸大学法学部卒業

1999年10月~2000年9月

ドレスデン工科大学法学部(ドイツ学術交流会 (DAAD)奨学生)

2002年3月

神戸大学大 学院法学研究科博士課程後期課程修了、博士(法学)

職歴

2002年4月

日本学術振興会特別研究員

2004年4月

名古屋学院 大学経済学部専任講師

2007年4月

成城大学法学部准教授

主な業績

<論文、判例評釈、紀要、雑誌記事等>

  • 「メディアの自由における機能分化の位相(5)」『名古屋学院大学論集』43巻1号(2006年7月)
  • 「メディアの自由における機能分化の位相(4)」『名古屋学院大学論集』42巻4号(2006年3月)
  • 「メディアの自由における機能分化の位相(3)」『名古屋学院大学論集』42巻2号(2005年10月)
  • 「メディアの自由における機能分化の位相(2)」『名古屋学院大学論集』41巻4号(2005年3月)
  • 「メディアの自由における機能分化の位相(1)」『名古屋学院大学論集』41巻3号(2005年1月)
  • 「メディアの融合と自由」『情報通信学会誌』74号(2004年5月)
  • 「『内部的放送の自由』論の再構成」『社会学部紀要』94号(2003年3月)
  • 「メディア法における『自律』と『他律』の機能的結合」『ドイツ研究』35号(2002年12月)
  • 「多チャンネル化時代における『公共的なるもの』」『六甲台論集法 学政治学篇』49巻1号(2002年7月)
  • 「機能的基本権としての放送の自由?」『六甲台論集法学政治学篇』48巻2号(2001年11月)
  • 「『放送の自由』論の現代的意義」『六甲台論集法学政治学篇』47巻2号(2000年11月)
  • 「放送の自由と制度保障」『六甲台論集法学政治学篇』47巻1号(2000年7月)
  • 「二元的放送秩序における公共性の異同(2・完)」『六甲台論集法学政治学篇』46巻3号(2000年3月)
  • 「二元的放送秩序における公共性の異同(1)」『六甲台論集法学政治学篇』46巻2号(1999年11月)
 
学会活動

日本公法学会 

その他

 

法学資料室facebook 成城大学入試情報サイト 成城ブリッジ 成城学園100周年サイト
アクセス 法学部