ホーム > 在学生 > 法学部カリキュラム

法学部カリキュラム


カリキュラム名 担当教員
刑法Ⅱ(各論) 鋤本 豊博
シラバス(成城大学シラバスシステム 2020.3.5現在のデータより引用。)
2020
刑法Ⅱ(各論)




担当教員 実施学期 単位数 配当 曜日・時限 教室名 授業コード
鋤本 豊博 (すきもと とよひろ)
通年 4 法2-4 月 3
322
4330
※2019年度以降入学者のみ履修可。
授業の内容
 刑法各論分野を全般的に扱うが,今年度は「財産に対する罪」と「国家的法益に対する罪」を重点的に講義する。総論と異なり各論では,個々の犯罪類型の成立要件を個別的に検討するため,具体的なイメージを描きやすい反面,数多くの論点と相互の関連性が理解しにくいという難点がある。そこで,テキストの論述を噛み砕いて説明するだけでなく,個別的な知識を体系的に整理・考察するプロセスを示すことで,問題解決の要領を体得して貰えるようにしようと思う。
到達目標
 刑法学における基本概念や判例・学説の基本的な考え方を用いて,個人的法益を侵害する行為に対する一定の評価を論理的に帰結できる「体系的な思考回路」の形成を目的とする。
授業の方法
 事前にWeb上で開示するパワーポイントに基づき講義形式で行う。授業では,できる限り具体例や判例事案を用いてビジュアル的な解説をすることにより,頭の中で概念をイメージ化したり,身近な問題として理解できるようにするつもりである。
 なお,パワーポイント記載問題の解答例はWeb上で公開するが,各テーマの冒頭に掲げるQuestionについては,講義を聴いたり他の文献等を参考にしながら各自で作成するという「学び」を前提としているので,解答例を開示することはしない。
授業の計画
1. ガイダンスと財産罪総論
2. 窃盗・強盗罪(1)
3. 窃盗・強盗罪(2)
4. 窃盗・強盗罪(3)
5. 窃盗・強盗罪(4)
6. 詐欺・恐喝罪(1)
7. 詐欺・恐喝罪(2)
8. 詐欺・恐喝罪(3)
9. 詐欺・恐喝罪(4)
10. 横領・背任罪(1)
11. 横領・背任罪(2)
12. 横領・背任罪(3)
13. 横領・背任罪(4)
14. 盗品関与罪
15. 毀棄・隠匿罪
16. 国家の存立に対する罪
17. 公務の執行を妨害する罪
18. 逃走の罪
19. 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪1
20. 偽証の罪1
21. 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪2
22. 偽証の罪2
23. 虚偽告訴の罪
24. 職権濫用罪
25. 賄賂罪
26. 生命・身体に対する罪
27. 自由・人格的法益に対する罪
28. 信用及び業務に対する罪
29. 公共危険罪
30. 取引等の安全に対する罪

 以上のテーマやペースは一応の目安であり,若干の変更・補充もあり得る。
授業時間外の学修(予習・復習等)
 予習の際には,テキストを精読してWeb上で開示するQuestionをチェックし,独力で理解できる部分とそうでない部分を意識した状態で講義に臨むこと。
 講義終了後の復習として,Web上で開示したQuestionの解答作りとパワーポイント記載問題を解いてみて理解度をチェックすること(定期試験の問題は,パワーポイントのQuestionや記載問題を題材とすることもあるので,日々の学習を怠らないように)。
成績評価の基準と方法
前期定期試験(30%) 後期定期試験(70%)
教科書
 著者:山口厚 書籍名:『刑法〔第3版〕』 出版社:有斐閣 発行年:2015 ISBN:9784641139084 価格:¥3,200
参考文献
 著者:山口厚・佐伯仁志編 書籍名:『刑法判例百選Ⅱ各論(第7版)』 出版社:有斐閣 発行年:2014 ISBN:9784641115217 価格:¥2,400
履修者への要望
 講義内容に関する具体的な質問は,随時受け付けている。Webを積極的に活用されたい。なお,その他学習方法も含めて詳細は第1回目のガイダンスで説明するが,それまでに必ず各自でテキストと六法を購入し,毎回持参するようにすること。
教員との連絡・相談方法
 相談可能場所:研究室
 相談可能時間:オフィスアワーないし個別に合意した時間

 必ず事前にWebを介して連絡し,予約すること。

最新の情報は成城大学シラバスシステムをご確認ください。

法学資料室facebook 成城大学入試情報サイト 成城ブリッジ 成城学園100周年サイト
アクセス English
サイトマップ 大学院