ホーム > 法学部について > 専任教員紹介

専任教員紹介

教授

大橋 真由美( Mayumi Ohashi )

メール:

担当科目:

行政法

専門紹介 自己紹介 研究内容 学歴 職歴 主な業績 学会活動 その他

専門紹介

専門は行政法です。「行政法」と聞いても、あまり具体的なイメージが湧かない人が多いかもしれません。しかし、実は、日常生活から出るゴミの収集,増えてきた凶悪犯罪から市民を守るための警察活動,毎日の通学・通勤路となる道路の整備など、現代の私たちのくらしは行政活動とさまざまな点で関わっており、このような行政活動を法的視点から考察するのが行政法という科目です。行政法に関する知識を獲得することは、司法試験や公務員試験等の各種資格試験を目指す人にとって必須であると同時に、民間企業へ将来就職を考えている人にとっても大変有益です。 

自己紹介


 

研究内容

これまで「行政に関わる紛争を裁判外で解決するための各種手法」について、アメリカ行政法との比較を行いつつ研究してきました。 

学歴

1992年3月

東京学芸大学附属高等学校卒業

1996年3月

一橋大学法学部卒業

2002年3月

一橋大学大学院法学研究科博士課程後期修了、一橋大学博士(法学)の学位取得

職歴

2002年4月~2003年3月

日本学術振興会特別研究員

2003年4月~2006年3月

成城大学法学部専任講師

2004年4月~2005年10月

法務省大臣官房行政訟務課調査員

2005年10月~2006年3月

総務省「行政不服審査制度研究会」 委員

2006年4月~2013年3月

成城大学法学部准教授

2007年11月~2008年3月

武蔵野市情報公開・個人情報保護審査会 委員

2008年4月~2016年10月

内閣府政府調達苦情検討委員会 委員

2011年4月~2013年3月

埼玉県情報公開審査会 委員

2012年12月~2014年3月

消費者庁消費者安全調査委員会 臨時委員

2012年12月

総務省 選挙法制研究会 委員 (現在に至る)

2012年2月

総務省行政相談高度化アドバイザー (現在に至る)

2013年4月

成城大学法学部 教授 (現在に至る)

2013年8月~2014年2月

総務省 地方議会のあり方に関する研究会 委員

2013年9月~2014年7月

一橋大学国際・公共政策大学院 講師

2014年4月

人事院における政策評価に関する懇談会 委員 (現在に至る)

2015年4月~2015年11月

総務省 地方独立行政法人制度の改革に関する研究会 委員

2015年4月

文部科学省 宗教法人審議会 委員 (現在に至る)

2016年4月

東京都行政不服審査会 委員 (現在に至る)

主な業績

<単行本、著書、共著等>

  • 『行政による紛争処理の新動向』(単著)日本評論社(2015年3月)
  • 『行政紛争解決の現代的構造』(単著)弘文堂(2005年3月)
  • 『条解行政事件訴訟法』(共著)弘文堂(2014年12月)
  • 『条解行政情報関連三法』(共著)弘文堂(2011年11月)
  • 『行政法の新構想3』(共著)有斐閣(2008年12月)
  • 『詳解改正行政事件訴訟法』(共著)第一法規(2004年11月)

<論文、判例評釈、紀要、雑誌記事等>

  • 「行政不服審査法改正と行政不服審査における審理体制のあり方」『法律時報』1072号号(2014年5月)
  • 「行政不服審査における審理主宰者に関する一考察 」『成城法学』80号(2011年8月)
  • 「行政とADR」『仲裁とADR』6号(2011年5月)
  • 「当事者間紛争処理型手続の考察」『ジュリスト』1352号(2008年3月)
  • 「米国連邦政府の行政機関によるADRの利用(下)」『自治研究』76巻4号(2000年)
  • 「米国連邦政府の行政機関によるADRの利用(上)」『自治研究』75巻12号(1999年)

<その他付記事項(著作以外の業績、記載基準等)>

  • 第6回仲裁ADR法学会 報告(2010年7月)
  • 第80回日本公法学会 報告(2015年10月)
 
学会活動

日本公法学会会員 

その他

 

アクセス English