ホーム > 法学部について > 法学資料室

法学資料室

法学資料室には

法学に必要な資料として国内、国外の判例・法令・論文集・大学紀要・法学雑誌・参考資料、図書があります。また、国家試験対策文庫が併設されておりますので、基本的な図書の一部、法学関連の受験参考資料・図書があります。しかし、法学図書一般は図書館にあり資料室にはありません。
資料室の所蔵資料については図書館のOPACから検索できます。

     

PDF 法学資料室パンフレット

お知らせ

  • 2021.06.21 限定利用再開のお知らせ
    「緊急事態宣言の延長に伴う本学の対応について」が発表されたことに伴ない、法学資料室は、開室とさせて頂きます。
     ただし、前期の期間について、以下の通り限定的利用を継続することと致します。
     
    開室日時:
    月曜日~金曜日    9:00~17:00
    土曜日               8:30~13:00
     
    利用対象者:
    専任・非常勤教職員(含む名誉教授)、学部生、大学院生、交換留学生、科目等履修生、研究生、研究員

     利用の範囲:
     (1)資料、情報の収集・利用 
     (2)資料の貸出(国家試験対策文庫等)
     (3)資料等の複写・情報の出力・保存
     (4)レファレンス(法情報収集の相談)
     (5)学習の場としての利用。ただし、指定された座席のみ使用可/他の利用者との会話は厳禁・グループワーク不可

    注意事項:
    (1)筆記用具持参のこと(貸出および備品利用は原則不可)
    (2)PC等については必要に応じて持参のこと(資料室内のPCは原則使用不可)
    (3)データベースの利用等に際し、資料室設置のオンデマンドプリンター利用可、別途「大学でのオンデマンドプリンター印刷の事前準備」参照
      https://www.seijo.ac.jp/students/inner-info/jtmo42000000up5m-att/jtmo42000000upa7.pdf
    (4)入室時にはマスク着用、入口手指を消毒の上、非接触による検温(37.5度以上入室不可)のこと
    (5)入退室時には学生証のバーコードのスキャンをすること
    (6)同時利用者数が20名を超える場合等、利用をお待ち頂き、あるいは利用できない場合もあること
    (7)利用中はマスクを常時着用すること。また、利用時間中に消毒・清掃等を行うことがあるので指示に従い協力すること。利用時間中、除菌・清掃等を行う場合もあること
    (8)他の利用者との会話を控え適切な間隔を保って利用すること

     
  • 2021.06.07『D1-Law.com』リニューアルのお知らせ
    6月1日より、日本法総合データベース『D1-Law.com』が全面リニューアルされました。
    リニューアルのポイントは、
    ・インターフェースの刷新、AI機能を搭載
    ・サジェスト表示で検索をサポート
    ・参照、検索絞り込み機能を強化
    とのことです。
    ぜひご活用ください。

    リニューアル版URL: https://d1l-dh.d1-law.com/


  •  2021.03.31 オンラインレファレンスのご案内
    法学資料室では、オンライン(Eメール)でもレファレンス(相談)を受け付けています。資料の探し方やデータベースの使い方等、法学資料室や法学に関する資料・情報について質問がありましたら、以下の方法でご利用ください。
     
    利用対象者:専任・非常勤教職員(含む名誉教授)、学部生、大学院生、交換留学生、科目等履修生、研究生、研究員
     
    ご利用方法:
    下記の項目を記入の上、大学のメールアドレスから送信してください。
    ※大学メールアドレスが分からない場合は、以下のリンクを参照してください。
     メディアネットワークセンター 学生電子メール
    https://www.seijo.ac.jp/students/web-tools/web_mail/

    記入いただく内容:
    (1)所属(学籍番号等)・氏名
    (2)ご質問内容
    (3)回答期限
     
    申し込み先:lawlib(a)seijo.ac.jp ; (a)を@に置換え。
     
    注意事項:
    ・原則としてメールで回答致します。
    ・質問内容によっては、応じられないものがあります。
    ・質問内容によっては、回答に時間を要する場合があります。
    ・資料室閉室時についてはメールへの対応を行っておりません。

     
  • 2020.12.08  Lexis Advance名称変更について
    法学部でご利用頂いております英米法情報データベース「Lexis Advance」につき、
    9月より、この名称が「Lexis」に変更されております。
    ホーム画面も変更となっておりますので、今後ともご活用頂きたく
    ご案内をさせて頂きます。
     
  •     2020.11.10 D1-Lawの学外からの大学VPN接続利用について
    標記利用について、支障が発生し、ご迷惑をおかけ致しておりました。
    この対策として、業者より、ブラウザのキャッシュをクリアの上、再度接続を試行
    するように、とのことでしたので、よろしくお願い申し上げます。
    なお、この対応に際し、D1-LawのVPN経由の外部からの接続利用については
    業者のサポートの範囲外である旨連絡を受けましたので、
    法学部、法学資料室と致しましても、
    このサービスに関する記述等を削除させて頂くことと致しました。
    今後はIDをお持ちの方以外は、学内利用アイコンから、ご利用頂きたく
    あわせてお知らせをさせて頂きます。

     
  • 2019.07.09 国内法律雑誌データベース利用開始について
    法学資料室では、 国内法律雑誌等のオンラインPDFデータベース、
    「判例秘書インターネット」が利用出来るようになりました。
    利用希望の際には資料室受付まで、お問い合わせ下さい。
     
  • 2017.01.23 スタディルーム等の利用方法の変更について
    これまで、空いている場合自由にご利用頂いておりましたスタディルーム等につき
    試験期間中等の利用者集中の状況において、より多くの方にご利用頂くため、
    試行的に、利用開始から2コマ(通常の授業時間で)等、の時間を超える利用につき、
    他の利用者の希望(Waiting Listへの記入)を受けて、
    交替して頂くことを検討いたしております。
    つきましては、利用開始時に、各部屋の利用開始時には
    資料室受付までお申し出頂くこととしましたので
    宜しくお願い致します。


  • メディアネットワークセンターのVPNサービスを通すと、
    自宅からも、法学部のオンラインデータベース、

    Westlaw、HeinOnlineを利用できるようになっておりますので, ご活用下さい。
    ※但しこの利用については、利用終了後は各データベースのログアウト等を確実にして頂きますようよろしくお願いします。
    ※成城大学のVPNサービスの申込、設定等についてはメディアネットワークセンターにお問い合わせ下さい。

 
2020.01.22 【スタディルーム等の予約について】
スタディルーム等につき試行的に予約を受付ております。
予約については資料室受付まで。

 



   地下拡充移転2016の法学資料室

 ・ 2018.10.06 地下拡充移転関連情報について
  2016年の移転後、各種雑誌等に移転の経緯、説明等を
  掲載させて頂いておりますので、
      改修前に行われた海外視察報告とあわせて、
  ご参考まで。
      ・「アメリカ法律図書館の視察について ―報告会資料―」2013年
      ・ 「成城大学法学資料室のリノベーション~大学学部資料室改修の一例として~」
    Better Storage Vol.205. 2017年2月

      ・「大学における学習環境の整備―法学資料室の地下拡充移転をとおして―」
    成城教育177号55頁、2017年

    
  エントランス

  拡充移転時の工事の経緯等については  
  Facebookをご参照ください。
アクセス English
サイトマップ 大学院