ホーム > 受験生 > 在学生の声 > 2年 鬼嶋 智美さん

在学生の声

受験生にひとこと 鬼嶋 智美さん
法学部、または成城大学法学部について、高校生の頃にイメージしていたことは?
 法学部は本当に頭の良い人たちが大勢いるような学部だと思っていました。今は、法学は日常生活において最も身近で親しみやすいものと思っています。
成城大学法学部に進もうとしたきっかけは?
 法律に元々興味があったので、法学部に決めていました。また成城大学に入学を決めたのは母の出身校であったからというのも理由の一つです。
この法学部に慣れたと思えたのはどんな時(出来事)でしたか?
 成城大学特有のワンキャンパス、クラス制、部活です。ワンキャンパスであることは、狭いからこそ歩いているだけで、友達と会う機会が増えるから良いと思います。同じ理由でクラス制も挙げられます。また、部活は先輩や後輩もできて人脈が広がることですごく良いことだと思います。
高校生の頃と違う、大学の学生生活らしいことは?
 高校生の頃と違って自分の理想とする生活リズムにあわせて授業やアルバイトを入れられることです。
大学生になって、自分が変わったと思えることや考え方などは何かありますか?
 自分の興味のある分野について、とことん勉強しようと思えたことです。自分の好きな学問を学べることはとても楽しいことです。
授業について、面白いこと、大変なこと、科目、先生など、受験生に伝えたいことは?
 法学部は先生方が個性豊かな方が多く、どの授業も面白いです。
将来について、何か思うところがあれば、聞かせてください。
 どんな形なのかはまだハッキリとは決めていませんが、将来は法律の知識を活かして、人の役に立つ仕事に就きたいです。
法学資料室facebook 成城大学入試情報サイト 成城ブリッジ 成城学園100周年サイト
アクセス English