ホーム > 研究科長メッセージ

研究科長メッセージ

研究科長写真

 成城大学大学院法学研究科は、1987年の創設(同年、修士課程法律学専攻を開設。1993年、修士課程を博士課程前期に改組するとともに博士課程後期を開設)以来、法学の分野における高度の理論的、実際的研究や他の学問分野にまたがる研究を行い、その成果を教育するとともに、広く社会に発信することによって、学術の発展に貢献することを目指し、多様な人材を社会に送り出してきました。
 本研究科の強みは少なくとも二つあります。
 一つは、学部とその理念を同じくする少人数教育主義です。本法学研究科はかつて、法科大学院を開設しないという決断を前向きにいたしました。その結果、学部専門科目の専任教員のうち大学院担当資格を有する者が全員、大学院の研究指導にも携わることができ、学部における少人数教育主義を受け継ぎつつ、きめ細やかな教育・研究指導にあたるという体制を整えています。また、本研究科においては、専任教員のみならず、良質な非常勤の先生方にもご協力をいただいております。私たちは、大学院生も教員も同一の学問共同体に属する研究仲間であり、教員と大学院生、大学院生同士の対人的コミュニケーションが学問の基礎であると考えております。本研究科に関心をお持ちになった方は、どうか、非常勤での出講をお願いしている先生も含めて、本研究科での指導を担当している教員ひとりひとりに着目していただければと思います。
 もう一つは、充実した資料室を利用できる環境があるということです。教員職員の粘り強い努力と学園・大学本部のご理解とご支援によって整備された法学資料室は、国内外の法令集・判例集・図書・雑誌等の各種研究資料の豊富さ、国内外の法律関係データベースをはじめとする電子媒体へのアクセスのよさ、最先端をいくラーニングスペースとしての充実度という点で、国内屈指であると自信をもって申し上げることができます。
 本研究科では、2020年度の入試から、試験科目・提出書類について改革を行いました。また、私たちは、この2年間の新型コロナウイルス感染症蔓延下での経験を生かし、With CORONA, After CORONAに向けた教育・研究指導体制の充実にも尽力してまいりたいと考えています。
 本サイトでは、本研究科の研究・教育および入試制度等について最新の情報を随時お伝えしていきます。本サイトが、教員と対等な立場で学問研究に打ち込みたい方、法律専門職に就きたい方、より高度な法学知識を就職に役立てたい方、さらには、学位をキャリアアップに生かそうとされる方のお役に立てることを願っています。

2022年4月
法学研究科長 亀岡 倫史(かめおか みちふみ)

法学資料室facebook 成城大学入試情報サイト 成城ブリッジ
アクセス 法学部