ホーム > 受験生 > 在学生の声 > 1年 上田 千愛さん

在学生の声

受験生にひとこと 上田 千愛さん
法学部、または成城大学法学部について、高校生の頃にイメージしていたことは?
 どこの大学でも法学部と言うと真面目で厳かなイメージがありました。その大学の雰囲気を知るには、オープンキャンパスなどで直接大学に足を運んでもらうのが一番だと思います。
成城大学法学部に進もうとしたきっかけは?
 法学部というのは昔から憧れていて心に決めていたので、あとは大学を選ぶだけでした。私の場合は指定校推薦ということもあり、時間もあったので、実際に大学に行ってみて自分に合いそうだったので進学を決めました。
この法学部に慣れたと思えたのはどんな時(出来事)でしたか?
 4月は不安でいっぱいでしたが、2ヶ月も経てば友達も増え生活にもだんだん慣れてきました。キャンパスが小さいので、1日でたくさんの友達に遭遇しました。語学はクラス単位で行うので、毎日顔を合わせる友達もいます。定期試験に関しては、高校とは全く違う論述形式ということで、不安しかありません。何か参考になるものがあれば、といつも思っています。
高校生の頃と違う、大学の学生生活らしいことは?
 大学は高校とは違い、だいぶ自由になります。時間割も自由です。自由な分、自己責任なので、自己管理をしっかりしながら自由を楽しめば、素敵な大学生活になると思っています。
大学生になって、自分が変わったと思えることや考え方などは何かありますか?
 大学には、とにかくいろいろな人がいるので、いろいろな人の考え方に触れることができます。その中で、周りに流されず、しっかりと自分の意思を持てるようになりました。良い考え方は取り入れていこうと思います。
いま頑張っていること、もっとも興味を持っていることについて教えてください。
 アルバイトや部活はしていませんが、道場で空手をやっています。週に4、5日あるので空手と勉強の両立を頑張っています。
授業について、面白いこと、大変なこと、科目、先生など、受験生に伝えたいことは?
 法学部の授業なので、授業中に判例を使います。こんなことが実際にあったんだ、と考えながら受けると面白いです。
将来について、何か思うところがあれば、聞かせてください。
 まだ決まってはいませんが、今のところは大学院に進み、将来は法律関係の仕事に就けたらと思っています。大学生になったばかりで将来についてはまだ分からないことだらけなので、1年生向けに進路に関することを詳しく説明するガイダンスなどがあれば良いなと思いました。
法学資料室facebook 成城大学入試情報サイト 成城ブリッジ 成城学園100周年サイト
アクセス English