専門教育

新カリキュラムのコンセプト

 法学部の新カリキュラムでは、「基本の重視」「学生の自主性の尊重」「少人数教育主義」という3つの方針に基づいてカリキュラムを編成しています。

社会の発展と学生のニーズに応えるカリキュラム

 憲法・民法・刑法をはじめとする伝統的な科目に加え、進路別の4コースの特性に応じた興味深い科目群が提供されています。ロー・スクール進学・法律専門職を目指す人のための「法曹特講」「法曹倫理」、現代企業が直面している諸問題を扱う「現代企業担保実務」「契約書分析」、国や自治体の政策決定・実施について取り扱う「法政策学」「比較政策学」、国際的な視野を養うための「英米法」「EU法」「アジア法」など。また、現代的なテーマを取り扱う「環境法」「知的財産法」「情報法」「消費者法」なども設けられ、学生の多様なニーズに応えています。

1・2年次における基本の重視と法学への興味の喚起

 1・2年次開講の専門分野の講義科目では、社会で通用する法的思考力を身につけるために欠くことのできない基本科目である憲法・民法・刑法の3科目中心に学習します。法学部で学んだ社会人として確実な知識を備えるためには、早い段階で基礎を固めることが必要です。そのようなコンセプトから1・2年次にはこの3科目について徹底的に学んでいただきます。1・2年次開設の講義科目にはその理解を助け深めるための学習支援ゼミナール「基本書演習」「基礎演習」が有機的に連動しています。また、早くから法学を学ぶ魅力を知り、その学び方を発見しながら、リーガルマインドを育むことができるような科目群も1・2年次から履修することができます。憲法・民法・刑法以外の法律系科目(商法総則、会社法Ⅰ、行政法Ⅰ、国際法Ⅰ、訴訟法入門など)、法学部専任教員が自らの研究テーマについて分かりやすく語るリレー講義「法学への誘い」、犯罪被害者、公害問題、消費者被害、児童虐待、高齢者介護などの当事者や現場で問題解決のために活躍している実務家の方々の話を聞くことにより現代社会の直面する諸問題の実態を知り、大学での学びの動機付けや将来進路の参考にするためのリレー講義「現代社会と法」などです。

3・4年次におけるコース選択と専門演習による高度な自主的学習

 3・4年次には、学生が希望するコースを選択して1・2年次に培ったものを基礎にして高度な専門学習をすることができます。コースは、将来進路におうじて、(1)法曹コース(ロー・スクール進学その他の法律専門職)、(2)企業と法コース(銀行・商社・マスコミなどの民間企業)、(3)公共政策コース(各種公務員など)、(4)国際社会と法コース(外資系企業、国際公務員など)に分かれており、それぞれのコースに特色のある専門科目が配置されています。
  また、3・4年次に専門演習(3年次必修・4年次選択)を設置し、20名程度の少人数クラスで密度の濃い授業を行います。教員と学生が討論しながら、特定の問題について深く掘り下げる授業が「専門演習」です。国際化・情報化などの社会情勢に対応した興味深いテーマを数多く用意。学生の希望によって複数の演習に参加することも可能で、意欲がある学生にとっては、法学をより深く掘り下げる場となっています。

法学資料室facebook 成城大学入試情報サイト 成城ブリッジ 成城学園100周年サイト
アクセス English